interview1 想いを伝えて「人財」と「店舗」を発展させる。それが私の役目 2012年入社(新卒・SV) 樋口 緋佳里美

  • 樋口 緋佳里 新卒SV
  • 佐藤 宏美 中途
  • 村元 葵 アルバイト
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
入社の理由を教えてください。
私は感動を提供する仕事に就き、自分を成長させたいと思っていました。当社を知ったのはインターンシップを受ける企業を探していた時。2日間のインターンシップはとても濃密な時間でした。その後、個人的に店舗で施術を受けたのですが、働いている人が温かく、接客の印象もとても良かったのです。また、私が指輪を失くしたことを話すと、スタッフの方が一緒になって店内を探してくれました。ここまで親身になってくれるのかと私自身が感動したことが、入社の決め手になりました。履歴書に書いた5年後の自分の姿は、「スーパーバイザーとして新規事業を任されている」。こんなに早くそのポストを任せてもらえたことには驚きました。
現在の仕事内容を教えてください。
入社3年目の半ばにスーパーバイザーになり、現在は八幡山、新百合ヶ丘、東久留米、浦和の4店舗を管理しています。具体的には、各店を回って店舗の品質・接客・清潔感についてお客様目線でチェック・指導、各スタッフの施術レベルの確認と指導、スタッフを店長に育てるためのトレーニングの他、店舗運営での問題点や改善点を店長と密に話し合っています。また、キャンペーン準備や本社研修のプランニングなど、ルアンルアンの根幹を支える仕事もしています。店長が気づかない問題点も私が気づいて指導しないと、店舗は伸びていきません。店長時代よりも、売上や店舗の発展にかかわる責任の大きさを感じる日々です。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
やりがいを感じるのはどのような時ですか。
店舗を運営するのは店長ですが、その店長を育てるのが私の役目です。各店長がどう動いているか、店舗に対してどう考えているかを把握した上で指導する必要がありますし、個性や出来る事もすべて異なるため、人財育成は簡単ではありません。だからこそ、店長の仕事への姿勢が変わったり、成長した姿が見られたりすると、やりがいを感じます。店長が成長すると、売上も伸びるんですよ。ある店長は責任感の強さから自分で抱え過ぎる傾向があったのですが、「話してくれないと店長が成長しないし、私は店長を育てたいから話してほしい」と伝えたところ、報告や相談を密にしてくれるようになりました。この時は本当に嬉しかったです。
"自分らしさ"を生かせていますか。
お客様にこんなことを言ってもらえた、今日はこれが売れた…と、良いことも悪いことも伝えたいですし、自分の思っていることを相手と共有したいと思っています。何でも話すのが私らしさですが、当社はそこを評価してくれて、発言を我慢しなくていいのです。上司もそして社長も「もっとこうした方が良い」という提案を1つの意見として取り入れてくれます。スーパーバイザーだから聞いてくれるのではなく、新入社員の話でも耳を傾けてくれるのが当社の魅力です。出来上がった会社だったら入る余地はありませんが、当社は伸びしろがあるので、自分の意見や行動で会社を変えていけます。そこが私には合っていますね。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
今後の目標を教えてください。
店長を務めていた当時は、「スーパーバイザーに聞けば何でも教えてもらえる」と思って、スーパーバイザーのことをとても頼りにしていました。私は昇格して間もないのですが、もっと勉強して、みんなからもっと頼られるようになりたいです。何を聞かれても答えられるようなスーパーバイザーになり、技術も知識も自信を持ってアドバイスしていきたいと思います。また、当社をさらに大きくしていきたいですね。そのためにも、店長自身がこれまで以上にお客様や売上に興味を持って店舗を動かすという意識が強くなるよう、伝えて育てていくことが目標です。自分が働く会社を今以上に良くしていきたいですし、成果も残したいと思っています。

就活では、自分が何をしたいかという軸を持ち、なりたい自分を想像して仕事を探すことが大切です。私は感動を提供したかったですし、お客様と1対1で向き合うことで人見知りをする自分を変えたいとも思って入社を決めました。目標や軸をしっかり持ち、上のポストに上がっていきたいという方と一緒に働けたら嬉しいです。

  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ある日のスケジュール

スケジュール

interview2 支えてくれる仲間とともに、何度も通いたくなる店舗をつくりたい 2012年入社(中途・店長) 佐藤 宏美

  • 樋口 緋佳里 新卒SV
  • 佐藤 宏美 中途
  • 村元 葵 アルバイト
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
入社の理由を教えてください。
前職はホテルのスパの受付です。お客様と心の距離を近づけて会話をしたかったのですが、受付ではそれができず、マッサージを受け終えたお客様が嬉しそうに施術スタッフと話す姿をいつも見ていました。いつからか、私もお客様と近い距離で接客ができるリラクゼーションの仕事をしたいと思ったことが、転職のきっかけです。楽しく働ける職場を探すために複数のサロンを利用しましたが、どこよりも印象が良かったのがルアンルアンでした。施術前にスタッフが名乗ることにはじまり、私の疲れている箇所を尋ね、施術後にはアドバイスもくれて、私も悩みを言いやすかったです。ここならお客様と近い距離で接客できると確信し、入社を決めました。
現在の仕事内容を教えてください。
店長として店舗運営全般を行っています。具体的には、人財の採用と育成、勤怠管理、売上や経費などの数字管理のほか、施術もします。また、毎月1回の店長会議に出席し、前月の結果報告や今月の課題などを報告したり、他店の店長とも情報交換をしたりしています。当社は現場の声を大切にしてくれるので、お客様のことを考えたインテリアや販促方法を提案しやすく、チャレンジもさせてくれます。会社から店舗を任されている実感がありますね。また、スーパーバイザーが店舗の品質・接客・清潔感について毎月きめ細やかに評価を出してくれるので、店舗の現状を把握でき、さらに向上させようという意欲が湧いてきます。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
やりがいを感じるのはどのような時ですか。
店長は店舗の代表ではありますが、店舗がうまく回るように一人ひとりのスタッフをサポートする裏方の仕事だとも思います。ですから、自分が育成してきたスタッフの成長した姿を見ることにやりがいを感じます。アドバイスしたことが身に付いたり、研修と技術テストを経て施術デビューを果たす日を迎えたり、そしてお客様から「気持ちよかった」と言われている姿を見ることも、どんなことでも嬉しいです。また、スタッフが頼ってくれることも店長としての喜びです。あるスタッフからは「店長が万が一 辞めるようなことがあれば、その時は私も辞めます」と言われ、信頼されていることが嬉しく、「もっと頑張りたい」と強い気持ちになりました。
"自分らしさ"を生かせていますか。
私の取り柄は笑顔と元気。そして基本的に話すことが好きなのですが、前職での接客では少し落ち着く必要があり、あまり生かすことができませんでした。ですが、ルアンルアンではお客様を喜ばせたり元気を与えたりすることに生かせています。店舗では店長が率先して笑顔でいる必要があると思うのですが、私が自分らしくいられるのは一緒に働く人に恵まれているから。上司もスタッフも笑顔で元気な雰囲気ですし、責任感が強くてやる気がある方ばかり。ルアンルアンを良くするための意見も出しやすいのです。こうして自分らしさを発揮しやすいように、周りの方がサポートしてくれているおかげで、いつも笑顔でいられるのだと思っています。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
今後の目標を教えてください。
ルアンルアンは接客も技術も優れていて、良い人財もたくさんいる、もっと知られるべきサロンです。全国に広げていきたいですね。その実現のためにも店長である私は、「地域一番店」を作ることが最大の目標です。一人ひとりのお客様にご満足いただけるサービスを提供していくことで今いる地域で有名になれば、その評判は口コミでもっと広がっていくと思います。また、これからもスタッフが笑顔で楽しく働けて、お客様が家に帰った時のような安らぎを感じていただける店舗づくりも心掛けていきます。アルバイトから社員に登用される人財を育てる、スタッフが専念できる環境をつくるということにも力を入れていきたいです。

人の役に立つ仕事がしたい方も多いと思いますが、この仕事は施術と接客でお客様を楽にしたり喜ばせたりすることができます。道具は一切いりません。物を介してではなく、直接的に自分で結果を出せることが魅力です。技術や知識をつけ、経験を積んでいくほど、お客様の満足度を高められる自分へと成長できます。

  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

プライベートショット

  • プライベートとの両立ができることも、ルアンルアンで働く魅力。私も仕事帰りや休日を思い切り楽しんでいます。
  • 自然を見ることが大好きです。自然に触れるために散歩に出掛けると、2時間ぐらい歩いていることもあります。去年の秋には、日帰りで京都の紅葉を見に行ってきました。

interview3 今一番の夢は、技術を確実にしてたくさんのお客様を喜ばせること 2014年入社(アルバイト) 村元 葵

  • 樋口 緋佳里 新卒SV
  • 佐藤 宏美 中途
  • 村元 葵 アルバイト
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
どのような研修を受けましたか。
技術と知識のオリジナルテキストをもとに、トレーナーからマンツーマンでリフレクソロジーについて教わりました。テキストには習得する上で必要なことがきめ細やかに記述されていて、本当に内容が充実しています。未経験者だったので研修を受けるまでは不安でいっぱいでしたが、親身になって丁寧に教えていただけたので、安心して知識や技術の習得に打ち込むことができました。また、お客様に施術するには一定以上のレベルに達している必要があり、テストに合格することが必須。周りの方が応援してくれて、テストの前日は店長が休日を返上してまで私の苦手部位の練習に付き合ってくれたことが、とても嬉しかったです。
現在の仕事内容を教えてください。
リフレクソロジーと、オプションのハンドトリートメントやヘッドマッサージの施術の他、チラシ配り、商品陳列などもしています。研修中は自分のことで精一杯でしたが、今はお客様が「気持ちいい」と言ってくれたり、私を指名してくれたりすることに喜びを感じます。また、お客様がいらっしゃらない時間に、店長やトレーナーからボディケアの研修を受けています。ルアンルアンでは、リフレクソロジーからスタートし、オプション、ボディケア、足裏角質除去、ハーバルボールというように段階的に技術を身に付けていくので、次の目標を見つけやすいです。店舗もそれを達成できるように協力してくれ、自分が高まることにやりがいを感じられます。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
アルバイトを始めて良かったと思うことは何ですか。
仲が良く、雰囲気が穏やかなところです。役職がある方とも壁がなく話せるので、入ってから馴染むまでに全く時間がかかりませんでした。テスト前にスーパーバイザーが「頑張ってね」と声を掛けてくれたのも印象に残っています。また、想像以上にお客様を第一に考えていると思いました。例えば施術なら、施術者目線ではなくお客様の気持ちの良さと体への負担を考えた施術方法になっています。オリジナル商品は、原料にこだわり、お客様の声を取り入れて改良を図ることもしています。本当に良いものしかないので、自信を持ってお勧めできます。個人的にはバスソルトやオールケアバームがお気に入りなのですが、社割で安く買えるのは特権です。(写真は当社自慢の生石けんを泡立てているところです。)
"自分らしさ"を生かせていますか。
負けず嫌いな性格で、チラシ配りの時に「他の誰よりも多く配ろう」と決めて臨んだところ、30分で50枚を配りきりました。次も任せてもらえたことで、自分の仕事を評価してもらえたと感じて嬉しかったです。店舗毎にルアンニュースという新聞を作っているのですが、これも新人の私にも挑戦させてくれました。また、新人でも意見を言えるので、商品をより良く魅せるラッピングについて提案したら、その案を認めて採用してくれました。やりたいことを積極的にやらせてくれ、社歴に関係なく仕事を任せてくれる環境でもあるので、色々考えて取り組みたい私がやりがいを感じられているのだと思います。
  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
今後の目標を教えてください。
人を喜ばせる仕事がしたかった私がアルバイトを始めた理由は、ルアンルアンがお客様のことを真摯に考えていると感じたから。今はこの仕事が大好きです。ですから、一番近い目標は、全てのメニューをマスターして、より多くのお客様を喜ばせたいということです。また、その先にはキャリアアップの道が続いていると思っています。今は教わることばかりですが、いずれは教える立場になりたいですね。周りを見ていると、働いた年数に関係なく評価されて上の役職にも就ける会社だと感じるので、将来的に私も店長、スーパーバイザーというようにステップアップできたら嬉しいです。

色々な接客業を経験してきましたが、ここでの仕事は私にとってプラスなことばかり。技術も知識も身に付き、何より現場が楽しいです。働き始めて一番に感じたことは、みんなが穏やかだから、自分も優しい気持ちでいられるということ。人間関係で悩んだことは一度もありません! 女性も男性も働きやすい職場だと思います。

  • 社員インタビューtop
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

スタッフとの交流

新人もベテランも役職がある人も関係なく話せる、働く環境の良さに魅力を感じています。オンもオフも繋がれるスタッフとの思い出がたくさんあります。

新百合ヶ丘エルミロード店の23歳で集まった「同い年会」。私よりも長く働く同い年の先輩と、お酒を飲みながら仕事やプライベートの話をして大盛り上がり。同じ道を歩んできたからこそわかる、入って間もない私の不安なことにも寄り添ってアドバイスしてくれました。

店舗では忘年会や歓送迎会もあります。立場に関係なく一緒に楽しい時間を過ごすことが、人間関係を深めることにもつながっています。

Copyright © Ruam Ruam All Rights Reserved.

リクナビ エントリー